新卒での営業経験はまさに人生経験

少し前までは世間知らずだった新卒営業マンだった私は1年間で沢山のことを学べたと今でも思います。特に法人営業は会社の顔として顧客に向う訳なので悔しい恥ずかしい経験は今の糧になっています。あまり文章など体外的に書くことも無かったのですがある日、私の送付した顧客向けのFAXの言葉の使い方がおかしかったのでしょう、呼びつけられて何人もいる前でおかしな日本語を読まれ爆笑された時は恥ずかしさを通り越して悔しかったことを20年以上前の話ですが今でも鮮明に覚えています。ただそれがきっかけで正しい文章の書き方をしっかり学べたのは間違い無く良かったと考えています。その一瞬の恥ではありましたが私には貴重な営業から得た経験でした。その後は有り難いことに営業で文章を送る機会があると相手よりお褒めの言葉を頂いたり感謝されたりすることが増え結果として営業にプラスに繋がっています。今も営業が続けられているのはこのようや経験が出来たからではないかと思います。