何を重視して選ぶ顧客なのか見極める

私が営業で意識することは、自発的に買いたいという風に顧客に思ってもらうように誘導することです。
営業をされることによくないイメージを持っている人は買わされるという感覚を持つことを非常に嫌がります。強引に売ろうとすると頑なに拒否されてしまうことがありがちです。
そのため、さりげなく商品のメリットを伝えて、買わないと損をするように顧客が感じるように話すことにしています。営業の人に勧められて選んだわけじゃないという風に顧客が思えばあっさり商品を買ってもらえることがあります。
長く営業をしていてわかったのは、商品のどの特徴に興味を示すかは人それぞれ違うということです。誰もが興味を示すと思ったポイントを強調しても売れないないことがあります。例えば非常に素晴らしいデザインの商品なので、デザインを強調して営業をしても、機能を重視して商品を選ぶ人に買ってもらえる可能性は低いです。
そのため、ターゲットにしている人が重視するのがデザインなのか機能なのか安さなのかを見極めて営業をするべきです。