営業での見込み客管理にエクセルを使おう

新規開拓の営業をするときにおいて、見込み客管理とナーチャリングが非常に大切になってきます。
もちろん電話をかける架電数も大切なのですが、ひたすら何も情報がない会社リストを見ながら電話をかけても非効率です。何度も同じ相手に電話をしてしまいクレームになったり、お客様になってくれそうな会社を見つけてもタイミングを逃して他社に取られてしまうこともあります。今回は、テレアポで法人に新規開拓をする際の見込み客管理の方法についてご紹介します。

まず、見込み客管理はエクセルですると便利です。自分で好きな項目を作って管理することが出来たりと自分が使いやすいようにカスタマイズすることが出来るからです。エクセルで基本的に作っておきたい項目は、会社名、電話番号、社長名、担当者名、会社のURL、電話をしたときに話した内容、次に電話をかける日付です。
新規開拓で電話をする際に、相手の会社のホームページを見ながら電話をすることが多いと思うのですが、電話しながら会社の基本的な項目をエクセルにコピペすることで効率よく見込み管理表の基礎をつくることが出来ますよ。

次は、電話したときの相手の反応に合わせてエクセルの会社の項目を色を分けて塗りつぶしていきます。例えば受付で断られてしまった会社はブルー、社長や担当者と話せたけれど断られた会社はグリーン、アポイントが取れそうな会社はイエローといった具合に分けてみましょう。そうすることによってアプローチをかけやすい会社が一目で分かるので、効率よくテレアポすることが出来ます。同じ会社にばかり電話してしまって相手を怒らせてしまうという事態も防げます。軽い断り方をされた会社であれば日にちをおいてまた電話してみるとよいと思いますが、次に電話したときにクレームになりそうな会社があれば黒で塗りつぶしておくとよいでしょう。

エクセルで見込み客管理表を作成することで、効率よく営業をすることが出来ます。見込み管理表は使いながら自分が使いやすいようにどんどんカスタマイズしてみるとよいでしょう。

PR|お小遣いNETマッサージのリアル口コミ.comサプリメントクレジットカードの即日発行じゃけん生命保険の口コミ.COM童話英語上達の秘訣住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科JALカード健康マニアによる無病ライフ工務店向け集客ノウハウ初値予想GetMoney英語上達の秘訣貯蓄心の童話